ancar トラブル

 

Ancar(アンカー)は車の個人間売買の仲介サービスです。

 

通常の個人間売買に比べ、Ancarがサポートに入ることで、安心で安全な取引を行うことができます。

 

また、余計な中間マージンがカットされているので、車を売る場合はより高く売ることができます。

 

Ancarはまさに個人間売買のいいとこ取りをしたようなサービスです。

 

あとは、最後までトラブルなくスムーズに取引できれば、言う事はありません。

 

 

そんな安心安全なはずのAncarで、車を売るときにどのようなトラブルが起こるのでしょうか?

 

 

Ancarで起こりうるトラブルと、その解決方法

 

どんなトラブルが起こる?

 

Ancarというサービスはしっかり健全に運営されており、

 

基本的に大きなトラブルは起こりません。

 

ひとまず安心ですね。

 

しかし小さなトラブルは起こりえます。

 

代表的なトラブルのひとつは

 

ローンがらみの成約キャンセルです。

 

Ancarでは、まだローンの支払いが終わっていない車も出品することができます。

 

車を少しでも早く売って現金化したい人にとっては有難いルールですね。

 

もちろん成約までにローン完済できれば何の問題もありません。

 

しかし、ローンの残高や手持ちの資金量などは、人それぞれです。

 

ですから、中には完済するつもりが、急な出費で資金が用意できなくなる人も出てきます。

 

そういう場合は成約がキャンセルになってしまいます。

 

成約がキャンセルになると購入者に迷惑が掛かります

 

ancar トラブル

 

対策はどうする?

 

そんなトラブルを起こさないためには、どうすればいいのか、対策をひとつ挙げます。

 

それは・・・

 

Ancarの「おまかせ出品」で車を出品することです。

 

 

「おまかせ出品」(Ancarに車を預けてすべて任せる方法)で出品すれば

 

事前お渡し金」(車買取店と同等水準の買取額)を受け取ることができます。

 

それをローン返済に充てられるのです

 

ancar トラブル

 

ただし「おまかせ出品」の「事前お渡し金」がローン残額に足りない場合もあります。

 

この場合は、やはり成約までに、足りない分をどこからか資金調達しないといけません。

 

調達できなければ、ローン完済するまで、出品はできないということになります。

 

「おまかせ出品」する前にAncarによく相談して下さい

 

それがトラブル回避のために最も重要なことです。

 

いったん「おまかせ出品」ができてしまえば、購入者とのやり取りや、決済など面倒なことは、Ancarがすべて代行してくれます。

 

つまりトラブルからも解放されることになります。

 

 

 

以上トラブルの一例とその解決策をご紹介しました。個人間売買にまつわる不安や悩みは様々です。

 

少しでも疑問を感じたら、出品前に、まず主催者であるAncarに相談してみて下さい。

 

それで大部分のトラブルを事前に回避することができるはずです。

 

 

Ancarについての【Q&A】

 

Ancarの手数料(Ancarシステム利用料)はどれぐらい掛かりますか?
車両価格 Ancarシステム利用料
100万円未満 \50,000
100万円〜499万円 車両価格の5%
500万円以上 \250,000

これらは売買が成立した際にのみ、売り手買い手双方に掛かります。
成立しなければ掛かりません。出品は無料です。

 

「おまかせ出品」について教えて下さい。

「おまかせ出品」は、Ancarに車を預け、Ancarが個人売買を代行する方法です。
事前お渡し金(中古車買取店と同水準の査定金額分)が受け取れます。
ただし出品期間は30日間に限られます。
売買が成立すれば通常のシステム利用料の他に手数料が別途¥60,000掛かります。

 

「おまかせ出品」の他に出品方法はありますか?

「セルフ出品」という出品方法があります。出品する車の撮影や価格設定などを自分で行います。
売買成立すればシステム利用料は掛かりますが、出品は無料ですし、出品期限もありません。
もちろんAncarのサポートも受けられます。自信があるなら、この方法もいいかもしれませんね。

 

「おまかせ出品」期間中に車が売れなければどうなりますか?

選択肢は2つです。
(1)出品期間後に、そのままAncarに車を売却します。この場合、システム利用料とおまかせ出品手数料は掛かりません。つまり他の中古販売店に売るのと同じですね。
(2)もう一つは車を返却してもらうことです。この場合は、車の返送のための輸送費と、おまかせ出品手数料¥60,000が掛かります。

 

 

まとめ

 

Ancarで車を売る際のトラブルを回避するには

 

・事前に細かく調べて対策を打つ。
・「おまかせ出品」で出品する。

 

この二つが対策として有効です。

 

 

「事前に調べる時間などない」、「面倒だ」という方は、中古販売店に売るのもアリだと思います。
ただし売却金額はきっと安くなるでしょう。

ancar トラブル